Skip to content

ボロボロのパジャマ

私が捨てたくても捨てられないボロボロのパジャマ。もう使って5年になりますが、薄地なので方のところに穴が開いており、腕の部分もビリビリでヨレヨレで、他人にはとてもじゃないけどお見せできないくらいです。

どうして捨てられないかって。そしてどうしてまだ着続けているのか。

それは私の息子たち2人がどうしても私にそれを着続けてほしいとお願いしてくるからです。

5歳と1歳の息子たちですが、このパジャマ、授乳専用のパジャマで胸元に斜めのスリットが入っておりわざわざ服を脱ぐことなく授乳が簡単にできるように作られたもので、長男を出産した時に自分で購入したものでした。

そして次男を母乳で育児中の現在も、夜中にこのパジャマは大変役立っています。
でも、もうボロボロなのでそろそろ違うものにと何度も思い立ったのですが、息子たちは、とくに長男は昔からのこのパジャマとの思い出があるそうで、よくわからないのですが、「このパジャマはママのにおいがするから捨てないでほしい。」と言っています。次男も何かあると脱いでしまってあるこのパジャマを引っ張り出してママの替りといわんばかりに抱き着いて握って顔を押し付けたまま眠ってしまうこともあるくらいです。

自分のにおいってよくわかりませんが、子供たちにとってそれほどまでに思い入れの深いものなら、家の中だしリクエストに応えるべく捨てずにとっておこうと思っています。

思い返せば私も母親に抱っこしてもらって、母のにおいを感じながらうずくまって寝ていたころを思い出します。母に抱かれているときは何の心配もしないで甘えてぐっすり眠っていました。

そういえば長男は最近弟のせいで我慢が多く、かわいそうだな、明日こそ時間をとって抱っこしてあげよう!と寝顔を見ながら思っています。